So-net無料ブログ作成

「夕凪の街 桜の国」 [映画]

広島の原爆を背景にした映画。

総評としてはとてもよかったのだけれど・・・

皆実(麻生久美子)の弟・旭役(晩年期:堺正章 青年期:伊崎充則)のお2人がの共通点が乏しく、

どうしても同じ人物とは思えないのです。

お2人と演技は上手だったのです。 戦争で広島から疎開し、疎開先で養子縁組した旭。

子役だったコと伊崎は つながりました。

 

青年期を演じた伊崎には おちゃらけた印象がなく、

そこから現代に飛んだ桜の国編では 旭役:マチャアキが定年後の普通のおじさんを演じるには

どこかユーモラスなおじさんオーラが出ていて (仏壇から桃を持ち出し、娘にだまって広島行きのバス 

に乗るところなど ) それはそれで 戦前と戦後の対比という意味ではいいと思うのだけれど

青年期とは全く違う印象で、惜しいと思いました。

 

原爆の後遺症で亡くなる皆実を演じる麻生久美子はすばらしい演技でした。

この女優さんは 映画「怪談」・・・ 尾上菊之助、黒木瞳 

で見て、(役の上です→)黒木瞳が亡くなった後で菊之助のお嫁さんになったのが麻生久美子でした。

そのときに、キレイな人だなあ~~~ とかすかに思った程度でしたが

夕凪の街編では、年末に何かの賞がいただけるほど本当にいい演技でした。 

 

広島の原爆、 終戦後の今の平和な世の中、

普通に生きている自分たちは普通にシアワセであること、

そんな当たり前で当たり前でないことを考えさせられるいい映画でした。

 

 

レディースデーに行ったので年配女性が多かったのも印象でした。

しかーし・・・・

ひとつ空いた隣の席の年配女性が、 泣ける映画なのにテッシュ・ハンカチを持っておらず

約5分おきに鼻を「ズズズッー」とすするのです。 これには相当まいりました。 

その方が通路側だったので席を替わるのも躊躇してしまい、私の2時間を台無しにしてくれました・・・・

「ズズズッー」がなければもっと集中して映画の世界に入っていけたのに残念でたまりません。

 


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 4

ken

映画は家で見るより映画館で見るのがいいに決まってるんですけど、
ときどき他のお客さんが気になって集中できない事ってありますね。
最近は特にマナーを守らない客が多くて、うんざりすることがあります。
でも、この映画は(クオリティ云々は別にして)いい映画だったと思いました。
by ken (2007-09-21 13:03) 

yuzu_teppei_oneandharf

オイラ身長が低いので映画館が混んでいるときには前の人がじゃまでスクリーンが見づらいのだ、なもんでどーしてもゆっくりとした体勢で見れない・・・
by yuzu_teppei_oneandharf (2007-09-21 23:35) 

ちゅうちゃん

kenさん
TB&niceありがとうございます。
いろんな方のレビューを見ると、☆5コで絶賛されていらっしゃるのが多くて、急いで(公開終了間際でしたが)見に行きました。

普段は20時以降の1000円で見ることが多い私なので、
レディースデーでのマナーの悪さが耐えられませんでした。
てか・・・普通ハンカチくらいは持ってますよね???
最後にはそのオバサマに、お願いだからティッシュで鼻を押さえていてちょうだいという意味で、そっとティッシュを差し出した私なのでした。
(でもズズズッはその後も続きました・・・・)
by ちゅうちゃん (2007-09-25 23:51) 

ちゅうちゃん

teppeiさん 
私も常に、自分のまん前、右前、左前に人がいない状態で映画は見ています。 どうしても人の頭が気になりますよね・・・
最近気づいたのですが、真ん中へんの席よりも端っこの方の席のが椅子のクッションが傷んでなくてすわり心地がいいようでした。
by ちゅうちゃん (2007-09-26 00:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。