So-net無料ブログ作成
検索選択

「仮名手本忠臣蔵」 名古屋御園座 昼の部 [歌舞伎]

秋の御園座吉例顔見世興行

通し狂言 「仮名手本忠臣蔵」 

Image786.jpg

大序~4段目・道行 までが、昼の部で、まず昨日はここまで
鑑賞してきました。

一日通しで見られると、とってもいいんですが、 一日のうちに4万円を消費するのが
なんとなくもったいなくて(笑) 別の日程にしてしまいました♪



開演時刻は10:45  いつもの昼の部からすると、少し早めのスタートです。
5分ほど前に「カン」 と柝の音が鳴り、浄瑠璃人形が出てきて
登場人物の紹介から始まりました。

いつもなら時間ピッタリにしか始まらないのに。  
時間ギリギリに行ってはなりませぬ、 本当によかった・・・・


「忠臣蔵」の話は 外国で例えるのならシェークスピアでしょうか、
(誰もが知っていて当たり前、ということ)
日本人なら誰もが知っている主君仇討ちの物語。


歌舞伎は色彩美。
大序の場面では 高師直(吉良)の「黒」、 若狭之助の「浅葱色」 塩谷判官(浅野)の浅い黄色

対比する色あいで 人物画像を表現しているらしいです。
ん~~なるほどね。(関連本を3冊ほど読んで、予習していった甲斐がありました♪)


いろいろと歌舞伎は観たけれど、こんなに緊張感のある舞台は初めて。

とても厳粛な雰囲気で、何かの儀式の前みたい。


「刃傷の場」の心の葛藤は ひしひしと伝わり、

「判官切腹の場」では 幕間30分の後になるのですが
開始30分は『慣例により途中入場は不可』 だそうで、
判官の死という重要場面を 観客全員もが喪に服すような感じ。
実際に お香が焚かれ、場内にお香の香りがほのかに漂います。

何百人もの観客がこのお芝居に集中し、役者さんとの緊張感がすばらしい。


刃傷の後 雰囲気がとても重々しく、その雰囲気のまま昼の部が終わるわけではなく

舞踊劇仕立てに早野勘平とお軽の駆け落ち 「道行旅路」で
桜の色合い華やかに終了します。


勘平役の仁左衛門、 本当に男の色気漂い、ステキです!
黒い着物をパッと脱いだら、赤い襦袢。
「ドキッ」っとしちゃいますね~~。

孝太郎との親子での共演、 よかったです。


通しでの忠臣蔵は この10月を見逃すと、いつ興行されるかわからないので 
ぜひとも観にいきましょう! 
(御園座での通しは43年ぶりだそうです。)

配役もすばらしいです。

塩冶判官・・・橋之助
高師直・・・ 左團次
大星由良之助・・・團十郎
若狭之助・・・・愛之助
早野勘平・・・仁左衛門
お軽・・・ 福助 (道行・・・孝太郎)
顔世御前・・・福助
nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 2

コメント 3

くりまめかめ

仮名手本忠臣蔵!明日見に行くんです!
記事を読ませていただいて、いっそう楽しみになりました~
実は歌舞伎ははじめて・・・
もちろん演目は楽しみですが、気になるのは、着て行くお洋服の事・・・
お着物などとんでもない!
ゆかたしか着付けられませんし~
仕事がら、音楽の演奏会にはしょっちゅう行くのですが
けっこうラフな格好の人も多くて。
ジーンズの人もたくさんいます。
でも、歌舞伎やお能は、別世界なのでしょうね・・・
見に行くのは、昼の部です
by くりまめかめ (2009-10-19 10:30) 

ちゅうちゃん

>くりまめかめさん
はじめまして!私のブログへようこそです!!
私も明日 夜の部に行きますよ!!入れ替わりでお会いできるのかも。

私は明日はお着物(大島紬)で行こうと思っています。
初着物です!

昼の部はおばさまおじさまが多く、ラフな服(ジーンズとか)で行くと
ちょっとダメかもしれません。
ダメというか、もっとちゃんとしてくればよかった・・・・と思ってしまうかも。

平成中村座観覧の私がそうでした。

幕間のロビーにて、他人のファッションチェックをするのも楽しいです♪

by ちゅうちゃん (2009-10-19 23:19) 

ヴィトン コピー

突然訪問します失礼しました。あなたのブログはとてもすばらしいです、本当に感心しました!
by ヴィトン コピー (2013-06-29 04:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。