So-net無料ブログ作成
検索選択

北海道の旅 小樽 北運河編 [旅]

北海道の旅 3泊4日の最終日は 私のリクエストで小樽へ行くことになりました。

おねえとは札幌駅の小樽行きの電車ホームで 待ち合わせ。
8時17分発の電車なので、朝食食べ終わったら ソッコーでチェックアウトです。

乗車予定の電車が札幌駅に到着し、無事におねえと合流できました。

小樽までは約40分くらいです。

途中 海が見えてきました。
nihonkai.JPG
海岸線ぎりぎりに電車が走っています。
ドラマの中のような風景です。

北海道で見る海はオホーツク海? と思いきや、こちらは日本海です。
地図が頭に入っておりません(笑)


小樽の駅はノスタルジックな雰囲気です。
ekinoho-mu.JPG

電車を降り、コインロッカーに荷物を預け、バスで運河方面に向かいます。


運河行きバスが到着するほん少し前、、、
「あ、小樽のガイドブックまでも コインロッカーに預けちゃった!!」 

今回の旅のために 「地球の歩き方 北海道編」を購入し 
ずっと持ち歩いていたというのに 肝心な時には無い(笑)
ホント、ドジな私らしい失敗です。


バスが来てしまったので ガイドブックは早々にあきらめ乗り込みました。
「運河まで行けば 散策マップなんていくらでもあるわさっ!」


てなわけで小樽駅 出発!
otarueki.JPG


『運河プラザ』で降り、 運河沿いに歩き出しました。
unga ta-minaru.JPG

バスから人力車が見えたのですが、案の定 声をかけられました。
otarutoori.JPG

「こんにちは! 小樽は初めてですか?」
おおっ!イケメンさん!!

人力車は京都で乗せてもらったことがあり、とてよかったので、
おねえと相談して 30分乗せていただくことにしました。
(イケメンセンサーが点灯し、もう、いいも悪いもなく即決です♪)


運河沿い 
unga 2ri.JPG

ここからスタートして、昭和初期の雰囲気がそのまま残る北運河方面を
案内していただくことにしました。

ガイドブックを忘れてきちゃったので 生ガイドは非常にありがたいです。
(実はあらかじめ イケメンさんに案内される運命だったとか?)

人力車は自動車と同じ扱いのようで、車道を堂々と走れます。
信号待ちも、自動車の後ろで待ちます。 これは知らなかったです。


「こちらの建物は、、○○○で いついつ建造されました。
unga jinnrikisya.JPG
今は○○○として使われています」 などど、要所要所で
説明してくれ、写真も撮ってくれます。


運河沿いを北に進んだら、帰り方向は 北のウォール街(銀行通り)を通ってくれました。
who-rugai.JPG
右手に見える建物は 旧安田銀行小樽支店
太い4本の柱がギリシャの神殿のようです。


こちらの通りも またまたノスタルジック!昭和初期の建物が立ち並びます。
タイムスリップしたような雰囲気です。
who-rugai 2ri.JPG
旧北海道銀行本店前です。


ガイドのKさん 軽やかに説明してくださいます。
人力車初体験のおねえも喜んでくれています。


楽しかった約30分の旅も あっという間に終点。
代金を払い、Kさんと記念撮影。
2syotto.JPG
「まずは3人で撮って、そしてお次は『彼氏のように2ショット』でお願いしま~す!」
というリクエストにも快諾してくれたKさん。
最初からこれが目的だったりして、私(笑)


とにかく 初小樽は人力車に乗ったおかげで 本当に思い出に残りました。
ありがとうございました。


つづく・・・・ 
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。