So-net無料ブログ作成

ベストキッド [映画]

80年代にオリジナル版の「ベストキッド」を映画館で観ました。
あの時は、自分が見たい映画でもなかったのだけど、
映画の内容がとてもすばらしく、連れて行ってくれた友人に感謝でした。


今回のリメイク版の絶対観なければ!! と思い出かけてみたのですが
期待を裏切らず、 とても感動しました。


途中は、とにかく「痛そう」 の連続でしたが
140分という時間も全く苦痛ではありませんでした。


自分の子供に男の子がいたら、ぜひ一緒に観たい映画です。


子役のジェイデンスミスは、 ウィルスミスの実子ということですが、
以前 「幸せのちから」という映画で彼の演技力は
すごくいい! と思っていたので、
今回の 「ベストキッド」 もすばらしいアクション&演技力で絶賛しました。


ジャッキーチェン が でしゃばり過ぎてなくて それもまたいいんです!!

今年観た映画のベスト3以内になること 間違いないです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アリス・イン・ワンダーランド [映画]

大ヒット上映中! というテレビCM=面白い映画 とは
限らないけれど、
先にアリス・イン・ワンダーランドのインスパイアアルバム
「Aimost Alice」

Almost Alice

Almost Alice

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: AMC
  • 発売日: 2010/04/14
  • メディア: CD


を買ってしまったので、どうしても見に行ってみようと・・・・


近くの映画館は2D(通常版)しか上映してないので、吹き替え版で見てみました。

映像はきれい。内容は、、、楽しいといえば楽しいけれど、ハチャメチャで少し疲れるかな。。。
しかも、ジョニーデップでなくてもよかったような・・・・


多分2Dよりも3Dの方がひとつのアトラクションと捉えられて楽しいのかも。
と思うのですが、
テレビCMで アリスの一部分が流れると、「楽しそうな映画だなあ」 と
思えてきます(笑)

ティムバートンの世界が好きな人は ◎なのでしょうか???

映画の内容はともかく、「Almost Alice」のCDは、なかなか良いです♪
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

スラムドッグ$ミリオネア [映画]

時間が前後してしまいますが、
今週月曜日にユナイテッドシネマ阿久比の再上映で
 「スラムドッグ$ミリオネア」 を見て来ました。
(今なら一般800円 、クラブスパイス会員なら500円で見られます!)

昨年のアカデミー賞受賞作品。

インドのスラム出身のジャマールという青年が
クイズに答えて巨額な賞金を手にします。

スラムの出身なので、教養がないはずなのに
全問正解ということで、詐欺罪に問われながらも
彼の生い立ちが語られていきます。

でも学校もろくに出ていないジャマールは 
知っていることしか出題されなかった&運の強さを持っていました。

バイオレンスなシーンが苦手なので、私にとっては時々重かったです。
スラム街の映像も暗く、生活の悲惨さも感じます。

子供→少年少女→青年 と、同じ役を3人が演じますが 
全く違和感無し!
そこまで似た感じの人を見つけたことも ある意味スゴイ。


兄弟愛と憎しみ、初恋、
「愛がすべて。」  てな感じ。
最後は ホっとしました。

アカデミー賞受賞作品は、やはり重くないとね!

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

またまた豊川悦治!「今度は愛妻家」 [映画]

「今度は愛妻家」もう一度見たいと思って
 週間映画上映スケジュールを検索したら、レイトショー上映が今週しかなくて

月曜に引き続き、1日あけて昨日水曜日に またまた鑑賞してしまいました。


2度目に見たら、
セリフのひとつひとつのつじつまが合い
北見(トヨエツ)の撮った写真の意味がわかり、
そして沖縄の美しい風景(所々で短いけれど)を再び堪能できました。


エンドロールの井上陽水の曲
「赤い目のクラウン」が・・・映画のための書き下ろし曲
悲しげで映画とマッチして、すっごくいいんです。



想像もできないような突拍子のない言葉・・・
それは 「ありがとう」だった・・・

謎解きのような映画の謎が解けてよかった。

カップルで鑑賞する人多し。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「のだめカンタービレ 最終章 前編」 [映画]

のだめカンタービレのドラマの続編が映画に・・・

実写版が時々アニメちっくになって、映画館で見てもとっても面白く、
期待を裏切りません。


何よりも オーケストラの演奏シーン・音響効果は
映画館で見たほうが絶対にイイ!!

チャイコフスキーもバッハもクラシック音楽はあまりよく知らないけれど、
これを機に いろいろと交響曲を聴いてみたいと思わせます。

クラシックの音楽にすっかり癒されて
気持ちよく見ることができて満足しました。

のだめちゃんが演奏していたモーツアルトの「トルコ行進曲」だけは
唯一私も弾けます♪♪♪ (超ヘタですが)



パリやウィーンの風景もとてもすばらしく、
ずっと昔にパリに行ったことがあるので、エッフェル塔や凱旋門は
あんな感じだったなあ・・・と思わせるし、

知人数人が近々パリに出かけるので
「やっぱり私も行きたいなあ・・・」 と、かなりうらやましモードになりました。

瑛太や小出恵介・水川あさみ が若干出番が少ないなあ・・・
と思っていたら 後編(予告映像で見た)ではいっぱい出てくるみたいです。


水川あさみは 「今度は愛妻家」にも出演していて、
2夜連続で彼女を見ました。
のだめのストーリーの 「音楽を愛する一演奏家」の方がギャーギャーしてなくていいです。
公開中の映画「彼岸島」にも出演しているらしく、
水川さん カブって出すぎです。。。


前編というから テレビドラマみたいにすぐに後編があるのかと
思いきや、、、 後編は4月なのですね。
早く見たいです!


ガーシュウインの 「ラプソディ イン ブルー」・・・テーマ曲を
こないだ清塚信也さんの生演奏(ピアノソロ)で聴いたばかりだったのですが
オーケストラバージョンもとてもよくて、
今週は以前に買った「のだめのサントラCD」ばかり聴いております。


しかし、今回は清塚さんのピアノ吹き替えではなかったので
そこは少し残念なような気がしました。
(もちろん 清塚さんでなくても演奏は完璧ですよ!!)


「のだめオーケストラ」LIVE!

「のだめオーケストラ」LIVE!

  • アーティスト: ショパン,ドビュッシー,ストラヴィンスキー,シューベルト,ジェイムズ・デプリースト,梅田俊明,のだめオーケストラ,のだめオーケストラ+東京都交響楽団,東京都交響楽団
  • 出版社/メーカー: ERJ
  • 発売日: 2006/11/15
  • メディア: CD




今 公開中のもののサントラ版も出ているのですね!

のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編

のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編

  • アーティスト: のだめオーケストラ,エデルマン(セルゲイ),ロンドン・フィルハーモニック・オーケストラ,ラン・ラン,東京フィルハーモニー交響楽団,池田昭子,太田雅音,金子鈴太郎,小山清,ペク・ジュヤン
  • 出版社/メーカー: ERJ
  • 発売日: 2009/12/09
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「今度は愛妻家」 [映画]

2夜連続で映画を見ました。

昨日は「のだめ」を見て、そちらもとてもよかったのですが、それよりも今夜の
「今度は愛妻家」の方を先にアップします。
(トヨエツのファンですから♪)


久々に見た 「静かに泣ける映画」

私自身がシングルなので、夫婦愛の映画はあまり見ないようにしているのですが
(ひがんでいるわけではなく、共感できないかもしれないので・・・という理由です)
映画レビューを見たら ★★★★★だらけで
おまけに「エツ様!」 見るしかないっ!!


最初から最後まで ほとんど豊川悦治が出っぱなしで、
ファンにとっては とってもありがたい映画!!
金髪のエツ様は なんか変?? とも思うけれど、
プータローカメラマンという役柄なので納得!?


薬師丸ひろ子の演技力はすばらしく、
彼女独特の空気感があって、 
映画を見る前は 「トヨエツと夫婦役?」 と思ったけれども
まったく違和感なし、ていうか 演技力で勝負するので 
誰とでもマッチしますね、薬師丸ひろ子!
(彼女の映画・ドラマは 年齢も近いこともあって感情移入できます!!)


後半はちょっと長い?
もうそろそろ終わり?と思いきや なかなか終わらず

それでも全編とてもよかった!!
想定以上によかった!!

こうしてなかなか眠れず、ついでにレビューを書いてしまいました。


普段奥様をあまり大事に思っていない人は全員見るべしっ! って感じ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

子供たちもマイケル♪ [映画]

マイケルの映画「THIS IS IT」 が年末になって再上映されています。

Image1012.jpg

マイケルの死後以来、私の車に乗ればマイケルのCDがかかるので
子供たちもマイケルの曲が歌えるようになっています。

「ビリージーンがいい」とか 「スムースクリミナルがいい」などと言い
曲の指定さえしてきます。

間奏部分では 「AO!」 とか 「フー!」 など叫んでいたりもします。(笑)

「今日、給食の時間に 『ヒール ザ ワールド』が かかったよ」と教えてくれたりもします。




11月の上映時、子供たちにもマイケルが見せたいなあ・・・ と思っていたのですが、
上映期間も短く、自分も暇がなく断念。


本日夕方 ついに念願叶い
ユナイテッドシネマ18時45分~ 私・ナツ・サツ・ケイト(甥) の4人で
「THIS IS IT」鑑賞会をしてきました。


場内に入ると 「小学生が??? 」みたいな視線を浴びましたが(笑)・・・小3と小4です。
なんとか2時間おとなしく見られました。

ナツはビリージーンの歌を小声で一緒に歌っていたりしてました。
(周りに人がいなくてよかったです。。。)

字幕も全部は読めなかったようだけど、それでもテキトーに読んで理解したらしいです。

ダンスのシーンは 「マイケルすごいね~~!!」 と連発してました。


「うちの家族でマイケルの映画を見てないのは おじいちゃんだけだね。」と
得意気になってましたよ♪♪♪

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

マイケル何回観た?? [映画]

マイケルの映画 「THIS IS IT」
2週間限定だったのが延長されています。


最近は 「マイケルの映画観た?」ではなく
「何回観た??」が合言葉となっております。

40代~以降・30代後半?(マイケルの黄金時代を知っている世代)の人で
まだ観てない人は信じられないっ(笑)

ちなみに私は3回観ました。

第一回(初日)は少々睡眠不足で行ってしまったので ところどころ寝てしまって・・・・

第二回目(2週目)に行った時、
「あ、このシーン見てないや・・・!」 と思ったのが数箇所、
これはもう一度行かなくてはマズイ! と、思って

第三回目(今週月曜日) 総おさらいをしてきました♪


月曜日・昼は私の母(70代)もマイケル映画を観に行って、、、
「もう一回観たい気持ちがわかるわ~~~」と絶賛。
「マイケルの映画観たら、自分が行ってるコーラスのサークルが 
 バカバカしくなってきた(笑)」 とさえも言い放った。


妹夫婦も2回観て、「最終日にもう一回観たいよね!」 と。同感です!


そして、お決まりのグッズ買いに。

トーチライト 
Image949.jpg
カッコイイでしょ!  即買いでした。


その他、ボールペン(500円) ←三回目に行った時、売り切れていました(やったね)

パッキングテープ・・・いつ使うかわかんないけどカッコイイ!(もったいなくて使えない・・・)
Image950.jpg

Tシャツだとか、他にも買いたくなっちゃうグッズが多数あって・・・・
後悔のないようにしなくては!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「沈まぬ太陽」 [映画]

3時間半の大作、「沈まぬ太陽」

本屋さんで見たら、原作は5巻もあることを知り驚きでした。

さて、映画に方は・・・・・


ん~~~ 長い。。。

航空会社の労組、左遷&栄転、家族問題、飛行機の墜落、遺族との保障問題
いろいろありすぎるのと、 登場人物がすごい人々すぎるのとで
なんだか疲れちゃう。 特に後半。。。(すみません)

前半も 淡々と描かれ
10分休憩の後の後半部分は あまり印象に残らず、
結局 何が言いたかったのかわかんない。


三浦友和はなんだか悪人キャラに思えず、
愛人の松雪さんも 愛人にしては何となく年齢が合わない感じ??

愛人は松雪さんじゃなくて、鈴木京香のが合ってる様な気がするが、
それじゃあ 「華麗なる一族」か・・・・


そうだ、宇津井健が一緒に出ているから、三浦友和が悪人に見えないのだ!!
あの2人が共演してたら THE「赤いシリーズ」ではないか!!

Image879.jpg

山崎豊子シリーズ「沈まぬ太陽」 「不毛地帯」に先がけ、
あの名作「白い巨塔」が再放送されてたので
ここのところ熱心に見てから 映画に行ってしまったものだから

石坂浩二が 「東教授」としか思えなかったり、
上川隆也が 東京地検の検事役なのに 「おいおいアナタは『白い巨塔の弁護士』っしょ!」
と いった感じで 私の中では何となく煮え切らない思いで鑑賞してました。


海外ロケでは相当お金をかけていると思うし、
何百の棺おけ&献花も巨大費用かかってると思うし、
あれ?? 棺おけ×たくさんってCG?

飛行機が間近で飛んでるCGはちょっとお粗末でした。。。。

ヒューマンドラマの超大作、惜しい!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「私の中のあなた」 [映画]

マイケルの映画の前に見たので、1週間遅れですがアップしますね。

「私の中のあなた」
anata.JPG

白血病のケイト、ケイトの兄は骨髄移植の型が合わず
ケイトのドナーになるために生まれてきた アナ(妹)

家族愛の物語。
随所、ウルウルする場面があるのですが、号泣する映画ではないの。
後ろの席の人が泣きすぎ。。。。(鼻水をすする音がウルサイ、、、、)

泣ける映画なんだけど、号泣する値する映画ではなく、
「家族って??」 と考えさせられる映画だと思ったんです。


「きみに読む物語」
2~3年前に見た映画なのですが、
「私の中のあなた」・・・家族愛の話 は、それと同じ監督の作品で、
「きみに読む物語」・・・夫婦愛の話 と同様、
肝心な場面で 「ホロッと」泣ける作品なのでした。


「きみに読む物語」 
いっぱい映画を見た中で、 その年一番いい映画だと思った。
(後々で じんわりそう思ったの、
ただしこの映画は大スクリーンで見ないとそこまで感動できないかも)



「私の中のあなた」
鼻水すすり音にジャマされてしまったので残念だったけど
かなりよかったです。

その2日後に見たマイケルの「THIS IS IT」が、もっと良すぎて
少し薄れてしまった・・・・
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。