So-net無料ブログ作成

オペラ座の怪人 [観劇]

昨日、12月14日(火)
めずらしく昼公演があったので(火曜日は18時半~公演がほとんどです)
劇団四季の「オペラ座の怪人」 観に行ってきました。

Image1214.jpg


クリスマスが近いので 
名古屋新ミュージカル劇場もクリスマスの雰囲気

Image1231.jpg


私にとって、3度目の「オペラ座の怪人」
 
とにかくクリスティーヌのソプラノがすばらしくて
感動してしまいました。

幕間の休憩時間に 四季通の友人にメールしてみたら、、
「めちゃめちゃいいメンバーです!!」 とのお言葉。

★14日の主なキャスト★

Image1217.jpg


高井さんのファントムは2度目でしたが、
ものすごい声量があり、私は高井さんファントムが好きです!


沼尾さん(クリスティーヌ) 高井さん(ファントム)は、今週17日(金曜)
金曜ロードショー 映画「オペラ座の怪人」で
吹き替えをしているらしく、 そちらも楽しみです♪


多分「オペラ座」の鑑賞は今回が最後だと思うので
記念にグッズも買ってしまいました。

Image1232.jpg

とても美しいブックマーカーとピンバッジです。
美しすぎて、使えない!


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

ウィーン コンチェルト [観劇]

まだまだ暑いですが、芸術の秋は始まっております。

第2弾 は 昨日 9月20日(祝・月)
栄の芸術劇場5F コンサートホールに
ウィーン・コンチェルト クラシック・オーケストラのコンサートへ行ってきました。

Image1380.jpg

フルオーケストラのクラシックコンサートは ここ何年も行ったことがありませんでした。

子供が4年生になって、部活で トロンボーンをやっているので、
 「本物の音を聞かせてあげようじゃないの!」 と、祝日月曜の14時開演~
ということで 親子3代で出かけてみました。


こちらの ウィーン コンチェルト クラシックオーケストラは
今回 初来日だそうですが、
クラシック音楽初心者向きのコンサート と申しましょうか、
ナビゲーター・通訳で 高島勳さんという方が 説明などをしてくださいました。


まず 最初は 
モーツアルトの フィガロの結婚序曲から始まり、
 
「あ、知ってる!どこかで聞いたことがある??」 といった、
CM曲などで何となくなじみのある クラシック音楽が続きます。

子供たちも、退屈しないでおとなしく鑑賞することができているようです。


第2部の始まりは、運動会の徒競走でおなじみの曲 「天国と地獄」
これは  オッフェンバック のカンカン という曲だそうですが
生で聞くと 迫力ありで 今にも走り出したいくらい(笑)


浅田真央ちゃんのスケート曲でおなじみの
ハチャトゥーリアンの 「仮面舞踏会」も演奏してくれました。

全部通して聞いて、やっぱり一番よかったのは
J シュトラウスの 「皇帝円舞曲」
 
バイエルンでしたっけ?? ソーセージのCM曲ですね。
 その昔、私のお目覚めCD音楽でした。



バイオリンの音って CDで聞くと キーキー 聞こえる感じなんですが、
生で聞くと もっともっと柔らかい音!

席は3階席でしたが、オーケストラの真上の席で、
目を閉じて 「あ、今の楽器は オーボエかな?」などと楽器を聞き分けてみたり

とても優雅な時間を過ごすことができました。


またまたハマりそうで 困ります(笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

エルコスの祈り [観劇]

しょっちゅう出かけてはいるのですが、
ブログの更新を 大幅にサボってしまいました、すみませんでした。

今日は 劇団四季の 「エルコスの祈り」 を観てきました。
8列め、正面という席で とても観やすかったです。

Image1372.jpg

昨年8月にも 劇団四季が半田市に来てくれましたが
今日の 「エルコス」は 地域のイベント(商店街の当たりくじ)や
商工会議所もからんでいたので満席でした。 よかったと思いました。


昨年の「人間になりたがった猫」も 子供たちが見るにはとっても内容がよかったのですが
後部で空席が目立ち 残念だったのです。
(地元:雁宿ホールでの販売がなかったからでしょう・・・)

今日は 四季通のお友達と同席したので 本日のキャストの方々の
詳細も教えてもらえて、それもまたまたよかったです


エルコス  鳥原 如未       ストーン博士  岡崎 克哉
ジョン    鎌滝 健太       ダニエラ    丹 靖子
パルタ    青羽 剛        ダーリー   藤川 和彦
理事長   高林 幸兵      セ-ルスマン  塩地 仁


子供たちには 「エルコスの祈り」虹色えんぴつが1本ずつプレゼント
されて、うれしかったようです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

オペラ座の怪人 [観劇]

劇団四季の招待で、「オペラ座の怪人」を観に行ってきました。

Image998.jpg

私にとっては2度目の「オペラ座」です。

1度目は2階席でしたが、今回は1階席Q列真ん中へんです。
Q列は後方となりますが、なんとラッキーなことに
前の席が2つ空いていて 非常に見やすかったのでした。


前回観たのが11月ですから、舞台構成を覚えているようないないような・・・・

しかし、素晴らしい歌声です。

バレエを踊る方たちも 短いながらも群舞でしっかりと揃っていて、
あらためて劇団四季の団員さんのレベルの高さを知りました。
(私は四季のファンでいうと 超初心者です)


そして今回、友人Tさんのおすすめもあり
「四季の会」の会員に入会してしまいました。


もう少し「四季」について勉強していきたいと思います。
よろしくお願いいたします!

Image1251.jpg

★主なキャスト★

オペラ座の怪人  佐野正幸  
ラウル        鈴木涼太
クリスティーヌ    木村花代
カルロッタ      種子島美樹
メグ・ジリー     磯谷美穂
マダム・ジリー   戸田愛子
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

中村紘子 ピアノリサイタル [観劇]

今日は子供たちと一緒に 
名古屋・栄の愛知県芸術劇場コンサートホール
「中村紘子 デビュー50周年記念 ピアノリサイタル」に出かけてきました。

Image997.jpg
 
中京テレビのメルマガにて 先行予約で取ったチケット、
席はC席(3階) 3000円 

どんな席かと行ってみると、、、
舞台の下手後方、ピアノの演奏する中村紘子さんの
背後から見る感じです。

Image1168.jpg

こちらのホールは本当にすばらしいホールです!
残響音、客席の配置等 私の知る限りでは最高のコンサートホールです。

今日のプログラムは1961年の初リサイタルの再現プログラム
ということでした。

私も小3の娘たちも、知らないピアノ曲もありましたが、

ベート-ベンの「悲愴」
ショパンの数曲は 何度も聴いたことのある曲でした。 

そう、ショパンの「革命」といえば 昔、キョンキョンが主演していた
音大生のドラマ・・・で代表的に演奏されていた曲

「英雄ポロネーズ」はもっと昔、水谷豊主演のピアニスト役のドラマで
宇津井健(先生)に特訓されていた曲です。


双子の姉NUTSは 最後に演奏された「英雄ポロネーズ」が特に感動したようで
「良すぎる!!」 と演奏終了直後に私に訴えてきました。


アンコール曲はショパンのワルツをはじめ、5曲も!

中でも、浅田真央ちゃんの バンクーバーオリンピック フリーの曲
ラフマニノフ「鐘」 ・・・・正しくは 「オランダの鐘」?
を 名古屋だからと?演奏して下さり、

「泣けちゃうほどイイ! ってこういうこと??」 と思ってしまいましたよ。

紘子さんの白いドレスもとってもステキでした。

中村紘子さま 感動をありがとうございました。


リサイタルの後は ハーブスでお茶。
子供たちは大好きなイチゴのケーキを食べて大満足。

Image1174.jpg
イチゴのミルフィーユ

Image1175.jpg
イチゴのタルト

3人でとても有意義な時間が過ごせました。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「紫子」 宝塚歌劇 月組公演       [観劇]

今日は 美容組合の貸切公演で
中日劇場 宝塚歌劇団 月組
ミュージカルロマン 「紫子(ゆかりこ)」
ファンタジックショー「Heat on Beat!」 を見てきました。

Image1137.jpg

今回は月組。
組によってそれぞれのカラーがあるのらしいですが
私はそこまで 宝塚通ではないので、よくわかりません。。


今回のお芝居は、和もの、11月に見た宝塚公演は、雪組でしたが
洋ものの劇だったので、 同じ宝塚といえども全く雰囲気が異なります。

「紫子」は双子の兄妹の物語。
悲恋の話(お芝居はたいてい悲恋の話ですが・・・)
舞台が近いせいか、ジーンときてしまいますぅ。


席に恵まれ、6列目。
下手にスターが立つ位置で、下手正面の席でした。


全員女性だなんて、信じられないくらいカッコイイ!!
しかもみんな顔小さっ!!

思わず何頭身か目で測ってしまいます(笑)
アニメの世界でなくて本当に8頭身の方がいらっしゃるのには驚きです!

カッコイイ、美しい、スターとなるお方とは
正面だけでなく、横顔もスッとしていて美しく、360度どこから見てもステキ! 
トップの霧矢大夢さん、かつらが似合いすぎています!!
声もよく通って、ステキすぎます!


帰り道の電車の中で妹と
「もし、娘を劇団に入れるとするなら 『劇団四季』か『宝塚』の、どっち??」
と、おしゃべりに華が咲く。

「もちろん『宝塚』!」・・・私も妹も。

入れるわけないけど空想の世界でした(笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚雪組公演 「情熱のバルセロナ」 [観劇]

秋の観劇 ラスト(?)・・・・11月の観劇は3度目

今回は宝塚歌劇団 雪組公演・・・名古屋・中京大学文化市民会館オーロラホール
昨日の15時半~~ 双子と3人で観て来ました。
Image958.jpg


席は 8列目、前に通路があり、 子供が見てても大人の頭が邪魔にならず
恵まれました。


30人ほどのダンスでお芝居が始まったら、NUTSは
「あれって全員女?? 本当に??男にしか見えないっ!」 と感激?してました。

トップの水夏希さんが 同じ「なつき」ということで、何度も
「どの人が なつき?」 と聞かれたりも(笑)


その水夏希さんは 背も高くて顔が小さくて、おまけに声量もあって
本当にステキ!!  ファンも多いはず!


双子たちも初めて見たキラキラの衣装・羽を背負った豪華な様子に
目を輝かせ、親子でたっぷりと3時間楽しみました。

VIVA! 宝塚!

今年は偶然にも、観劇の第1回目(2月)とラスト(11月)が、どちらも宝塚歌劇団となり、
そんなのもGOODでした。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

コロッケ特別公演 [観劇]

昨日は定休日で、郵便局の観劇会
中日劇場「コロッケ特別公演」 を観てきました。

Image929.jpg

早めに栄に着いたので、席は5列目GET!(観劇会は先着順で席が決まります)

第一部
 お袋ラーメン 親父チャーハン 俺ギョーザ

第二部
 しあわせ地蔵 ~一太郎の子守唄~

第三部
 コロッケものまね大全集2009


第一部はコメディタッチ、
第二部は時代劇風コメディのそれぞれ60分ほどのお芝居、
漫画がそのままお芝居になったといった感じ♪

コロッケはアドリブがすごいきく人で、
それをとりまく俳優陣も 大村昆さん・赤木春江さんなどベテランさん。

そして第三部 ものまね

これはコロッケ自身も 「決して真剣に見ないで下さいね!」 というだけあって
ものすご~く面白い!

谷村新司に始まり、岩崎宏実・ちあきなおみ・森進一・美川憲一・美空ひばり
etc・・・・
おなか抱えて、涙がチョチョ切れるくらい笑わせてもらいましたよ♪


五木ひろしのものまねに至っては、
「今、御園座(伏見)で五木ひろしの本物が一ヶ月公演をやっていて、ニセモノの私が
 こんなに近くの中日劇場でやってていいんでしょ~か!?(伏見と栄は一駅です♪)」 と
言ってたのは大爆笑でした。


最後は サブちゃん!「まつり」
それはもう紅白歌合戦並みに盛り上がりました。

コロッケ、サイコーです!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

劇団四季 「オペラ座の怪人」 [観劇]

ジャーン ジャジャジャジャジャーン ジャジャジャジャジャーン

3日(火曜・祝日) 子供たちと3人で 
新名古屋ミュージカル劇場に「オペラ座の怪人」を観て来ました。

Image920.jpg

待ちに待ったこの日、 名駅のハーブスでランチ。
その後はお決まりの 「劇場の真ん前までタクシーで乗りつけ♪」
(名古屋市内は1メーターの初乗り料金500円、 子供と3人で地下鉄400円+徒歩
 タクシー500円なら迷わずタクシー乗っちゃいますよね)


13時開演
この日は 3000円のB席(2階後方)の観覧です。

劇場内に入るとすぐ、
「お子様のためにシートクッションをお貸ししています」と案内が。
へえ、親切じゃないですか!! あるとは思わなかったですヨ。

5cmほどのクッションを持って2階へ。
2階席はけっこう勾配がきつく、 子供が「コワイ」と。
しかし、前の人の頭が胸下あたりに来るので、すごく見やすいのです。

舞台セットも「ここはパリのオペラ座」 という設定ですから、
ゴールドの装飾で豪華豪華!


シャンデリアが上がったり、落下したり、
ファントム(オペラ座の怪人)が 天井裏から一瞬出てきたりもするので
2階席でもすっごくイイ!
(天井を見上げるのが楽だから、子供には なおさらイイ!)
B席3000円なのにとってもGOOD!! ・・・・リピーターの超人気席となっております。

Image925.jpg


「オペラ座の怪人」は悲恋の物語。
当然ですが 小学3年生には理解不可能。

事前のあらすじとして

クリスティーヌという女の人、ラウルという男の人、
ファントムというオペラ座の怪人の男の人 が出てきて、

ラウルとファントムのどっちもがクリスティーヌのこと好きで取り合いをします。

ファントムは時々オペラ座(劇場)にイタズラをしたり、イジワルをしたりします。

歌のうまいおばさんは カルロッタという名前です。
クリスティーヌはカルロッタの代わりに 劇をやったりします。

猿のオルゴールが出てきて 今と昔のどっちもを表します。

と、たったこれだけ子供たちに説明。


事前に何回も何回も映画「オペラ座の怪人」のCDを聞かせていた甲斐があって 
お芝居が始まったら 「すごいね!!」とNUTSが目で合図!

聞いたことのあるメロディーばかりだし、 演出効果もすごいし、
意外に楽しめたみたい。


途中の休憩時間には、
「ママ、なんで日本語で全部歌ってるの??」ですと。
(映画のサントラCDは全曲英語歌詞なのです)
バカではなかったわ、わが娘たちよ (笑)

とにかくとってもとっても素晴らしい 「オペラ座の怪人」
人間ってあんなに高い声が出るの??と感動。

Image926.jpg


家に帰ってきてからも、私たち3人は
「オペラ座の怪人」の曲をいつも口ずさんでいます~~~

The fantom the opela is there in side my heart ♪♪

nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「人間になりたがった猫」 [観劇]

今日は、劇団四季のミュージカル
「人間になりたがった猫」を子供たちと見に行ってきました。

Image485~00.jpg

場所は雁宿ホール、家のすぐ近くです。

子供向けに製作されているので、とてもわかりやすく、面白く
小学生でも何とか我慢できる時間内で(眠くならないような)

舞台の大道具も地方公演なのに本チャンにしっかり作られていて、
(マンマミーアより豪華かも・・・?)
キャストの方々の歌声、ダンスもとってもすばらしく
これでチケット5000円とは大満足な内容でした。

子供料金(小学生以下)の設定もあって、親子3人で見ても1万円以下(安っ!)


約2時間の舞台終了後は キャストの皆さん全員が
出口でお見送りをして下さって(WAO!)
握手していただけたり、直接言葉がかわせたり、と
こんな趣向がとってもうれしかったです。


会場出口を出たら 「オペラ座の怪人うちわ」が!!!

Image486.jpg

名古屋で8月2日~開幕しましたものね。
「オペラ座の怪人」は 11月3日にまたまた親子で行くことになっています。
早くも楽しみです。
 
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。